PRDJ-BBS 21958

■旧prdbbs過去ログ
 1: 訳語・訳文相談スレ(892)   2: 翻訳箇所報告スレ(894)   3: ごあいさつスレ(58)   4: 質問スレ(292)  
 5: 雑談スレ(149)   6: 4th Cage提出物用エラッタ報告スレ(135)   7: 書式相談スレ(17)


訳語・訳文相談スレ

1:いしかわ :

2015/05/25 (Mon) 23:49:28

PRDを訳していく上で「この文がわからん!」とか「この訳語どうしよう?」なんて時に相談するスレ。
29:ましゅ :

2015/06/28 (Sun) 01:49:16

>>24 VANさん
レスありがとうございます。

http://paizo.com/cgi-bin/WebObjects/Store.woa/wa/search?q=wyrmscourged&includeUnrated=true&what=all&includeUnavailable=true&sort=0&page=1
paizoの方で検索してみたのですが、スタッフの方への質問とかが見当たりませんでした。
疑問に思った人いなかったのでしょうか?
探し方が悪いのかな?

http://paizo.com/threads/rzs2qkif?Looking-for-feedback-on-a-Dwarven-Zen-Archer#1
>Wyrmscourged (+1 bonus to attack rolls, +2 dodge bonus to AC, +2 bonus to saves vs. Dragons and their abilities. +2 to Knowledge Arcana when identifying dragons. Replaces Defensive Training, Hatred, and Stonecunning.)

http://paizo.com/people/Logruik
>wyrmscourged (+1 bonus to attack rolls against dragons as well as a +2 dodge bonus to AC and on saving throws against the attacks & abilities of dragons. You also gain a +2 bonus on Knowledge (arcana) check to idenfity dragons and can make such checks untrained), weapon familiarity)

一応、「ドラゴンに」攻撃ロール+1だと明確に解釈してる人は2人見つかりました。

頑健・意志セーヴへの回避ボーナスについては普通にあることなのでしょうか?
読み込み足りなかったら申し訳ないです。


>>25 長月圭さん
レスありがとうございます。
なんとなく納得いったような気がします。


>>27-28
ありがとうございます。変更してきました。


【報告】

ACG/クラス・オプション/スワッシュバックラー
>戦いを通してGMが妥当だと判断する考えを贖うことができたなら、謎の復讐者はこれらのクラス能力を取り戻すことができる(謎の復讐者が特定の宗教を報じているならば、アトーンメントによるものでもよい)。
> She can regain them if she atones for her violations by some means that the GM sees fit (possibly by way of the atonement spell if the mysterious avenger is especially religious).
atones for:~を償う
violation:違反
means:方法

especially religiousですが、これは「特に信心深い」というような意味じゃないかなと思いました。
ちなみに(「特定の宗教」ではありませんが)「特定の神格」でwiki内検索したところ、
----
ウォープリーストが特定の神格を信仰していない場合でも、
If a warpriest isn't devoted to a particular deity,
聖なる追跡者が特定の神格を信仰していない場合、
If a divine tracker isn't devoted to a particular deity,
術者が特定の神格を崇拝していない場合、
If you do not worship a specific deity,
しかしそれをさらに推し進め、特定の神格を崇め信仰の拠り所とするものもいる。
but some take this a step further, dedicating themselves to a specific deity and furthering the cause of the faith.
キャラクターは特定の神格を信仰せねばならない。
Character must worship a particular deity.
(特定の神格を選ぶ代わりにこのような道を選択する場合には、GMの許可を得ること)
(Work with your GM if you prefer this path to selecting a specific deity.)
----
こういう表現が使われてるみたいでした。

なので、
→GMが妥当だと判断する方法で違反を贖うことができたなら、謎の復讐者はこれらのクラス能力を取り戻すことができる(謎の復讐者がとりわけ敬虔であるならば、アトーンメントによるものでもよい)。
と変更させていただきました。


ACG/クラスをデザインする
>この指針にはいくつか例外があるが、それは非常に珍しく、注意深く扱うべきだ。冒険者は心の中でこれらのベンチマークを記しているのである。
>There are some exceptions to these guidelines, but they are rare and should be considered very carefully, as adventures are written with these benchmarks in mind.
冒険者⇒冒険(adventures)
asは多分「原因・理由」のasじゃないかと思いましたので、
→この指針にはいくつか例外があるが、それらは非常に珍しいものであり、注意深く扱うべきである。冒険はこれらのベンチマークを念頭に置いて記されているからだ。
このように変更させていただきました。
なんかまだ微妙に違和感ある気もするので、ご意見ありましたらお願いします。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.